金継ぎ/螺鈿と蒔絵

破損してしまった大事なうつわ、陶器や漆器がよみがえります。「金継ぎ(きんつぎ)」は「金繕い(きんつくろい)」や「金直し(きんなおし)」ともいい、割れた部分を継ぎ、欠けた部分を成形し、その部分に金や銀の化粧を施し、器を修繕する技法です。繕い後を新たな景色となす、日本独特の文化であり、美学でもあります。うるしは「本うるし」ながら、かぶれにくいので安心です。また、資格を取ってプロとして活躍できる道もご案内します。

金継ぎ/螺鈿と蒔絵

講座詳細

栗原 蘇秀
■講師

栗原 蘇秀
■日時
第1月曜日
【午前の部】10:30~13:15
【午後の部】14:15~17:00
■料金
(共通)各3,300円(税込)
※施設維持費550円/月
■SNS
公式ページ